本態性振戦を克服する方法のご紹介。

COLUMN



2015/7/15

性懲りもなく、放置後のコラム更新です。
アクセス数も3.5万を突破していますが、コンテンツが変わっていくことがないため、凄まじいアクセス数に達することは、今後もないような気がしますが。

さて、何も更新しないでいると、FC2では3ヶ月で広告が発生して、非常に煩雑になってしまうようですので、コラムだけ書いてみます。コラムというレベルではないかもしれませんが。

FC2はご存知のように無料サーバーです。
有料サーバーですと広告は出ませんが、維持費がかかります。

ロリポップやお名前ドットコムで安いサーバーをゲットすれば、
毎月100円〜500円ぐらいで十分維持できるのですが、
ドメイン代も入れると、年間で3000円は見た方がいいかなというところです。

そのぐらいケチケチするなという声もありそうですが、
自分でサーバーやドメインを管理すると、自分にもしもの事があった時、
サイトが完全閉鎖してしまいます。

FC2であれば、更新しないと広告が出てしまうが、閉鎖することがなく、
半永久的に、この克服体験記をご紹介することができるのが利点だと考えております。



2015/4/4

久しぶりのコラム更新です。
多忙で完全放置しておりました。
そして、いつの間にかアクセス数も3万を突破しているという状況。
このサイトが本態性振戦に悩む方々のお力になれると幸いです。

さて、健康系のサイトの場合、あまり更新するネタがないため、製作者である私の独り言ぐらいしかネタがないのが、管理の難しいところです。

実は昨年の暮れから、中国の方から「是非英語版を作成してほしい」という依頼を受け、前向きに検討していたものの、時間が作れずに数か月経過してしまった次第です。

年内に英語版完成を目指して進めようとしたものの、頓挫中。
どなたか、英語の得意な人がボランティアで訳してくださると助かります。
有志の方はご連絡ください。



2014/8/23

グーグルのアクセス解析をチェックしてみたところ、検索ワードとしては「本態性振戦」がトップ。

そして「本能性振戦」が上位に食い込んできているというのがまた面白いところ。

病院では「ほんたいせいしんせん」って言われるだろうから、同音の誤変換が多いのかと思ったんだけど、意外な結果でした。

話は変わりますがISIS(イラク・シリア・イスラム国)は危険ですね。(リンク先は過激写真ありのため閲覧注意)
ポルポト政権時代のカンボジアより酷いと思います。
彼らが核を持ったら世界は終わりそうです。そうなりませんように。



2014/5/24

i-PAD,i-Phoneでは上の動画はみれないかと思いますのでこちらをご覧ください。

私たちは、日本に住んでいるだけでも、ものすごく恵まれているのだと思います。

また、ネットサーフィンでたどり着いたこのサイトでは、さらに悲惨な貧困国の現状を知りました。
ですが、私たちは科学を捨てることはできませんし、肉を食べることをやめられません。

いつか辿り着いてしまう人類破滅の時が、自分の死後であってほしいと願う私は、無力な存在だと思い知らされます。



2013/12/31

今年ももう終わりますね。
このサイトをオープンして半年ほど経ちました。

ホームページを作成するというのは、孤独な作業です。
アクセス数の伸びと、感想のメールによって、作者は報われます。

こんなサイトを作っても、意味はあるんだろうか?と考えたこともありましたが、半年のアクセス数がおよそ9000というのは、それなりに人の役に立てたのかもしれないなと思います。



2013/10/1

正に発想の転換ですね。
ふるえとどう向き合うのか、という点で、一つの参考になるのではないかと思います

コラムではTEDねたばかりですね。

また何か新しい情報があればご紹介したいと思います。



2013/8/3

通勤中はできるだけTEDをみるようにしています。
先日みたこの回は私の中では大ヒットでした。その場にいたら私もスタンディング必至!

必要は発明の母。しかしこの若さで実践してしまう凄さに脱帽です。

刺激になります。



2013/7/9

「医者に殺されない47の心得」という本を読みました。 少しオーバーだったり、偏っているなと思う部分もあったものの、腹にストンと落ちる部分も多々ありました。

特に私も自分が癌になったら、手術をするつもりはなかったので、そのあたりは特に共感しました。

日本人が必要以上に医者に通うのは確かですが、医療全てが悪なわけではありません。

適切な時に適切な医療を受けること自体は、なんら悪いことではないと思います。 本を読む時は、全てを鵜呑みにするのではなく、自分なりの解釈をもつことが大事だと思います。
(上記のリンクには、アマゾンのレビューをリンクしました。)

一つの新しい考え方を提案してくれる本としては、アリかと思います。

     



2013/6/15

先週の情熱大陸で、百田尚樹さんの回が放映されていました。 「永遠の0」は昨年私も読破しました。

現在の恵まれた環境に生きる私たちは、戦争とその後の復興を体験していないから、この状況が普通と思っています。 ですが、戦場に散った英霊たちがいるからこそ、今の私たちがあるのだということを忘れてはならないと思います。

今のこの日本を見たら、戦場で亡くなった人たちは嘆くのではないでしょうか。 書きたいことは山ほどありますが、ここでは多くを語ることはいたしません。

戦場に散った祖父らの世代に恥じぬよう、毎日を懸命に生きようと強く思える一冊です。
読みやすい文章ですので、戦争モノは苦手という人も、是非手に取ってみてはいかがでしょうか。

オススメの一冊です。



2013/6/8

これもTEDで見つけたものです。
自分の気持ちの持ち方や普段の姿勢から、自分を変えることができるようです。

私の振戦の克服も、これと似たところがあったかと思います。

ご参考までに。



2013/5/30

TEDで見つけた「脳の振るえに関する部位だけを切除する方法」です。
本態性振戦でも応用できるかもしれませんね。

TEDでは、最先端のプレゼンテーションを見ることができるサイトです。
とても刺激的ですので、ちょくちょくチェックしてみるといいかと思います。


inserted by FC2 system