本態性振戦を克服する方法のご紹介。

1.はじめに

病態等については、日本神経治療学会のホームページでガイドラインが公開されております。
私のホームページでは多くは触れませんので、こちら↓をご覧いただければと存じます。
本態性振戦の治療ガイドラインPDF

さて、本態性振戦をざっくり説明するなら、こんなワードが浮かぶかと思います。

・原因不明のふるえ。
・緊張やストレスで悪化する。
・脳の手術などを除き、基本は薬剤による対症療法しかない。
・基本的に寛解はしない。

5年ほど薬を飲み続けていた自分もそう思っていました。
しかし、本態性振戦は、人によっては克服することができます。

投薬治療をやめることを勧めるものではありません。
医師の指導の下、治療していくのがベストです。
ただ、何かのきっかけで、どうしても薬をやめなければならない状況になったとき、
人生を諦めるのではなく、こんな選択肢もあるのだということを知ってほしいのです。

このホームページでは、自身の体験を紹介することで、
この疾患を克服したい人に、その可能性を示すことができればと思います。

なお、冒頭で触れた通り、このホームページでは、医学的なことについて多くは触れません。
ガイドラインに勝るものはないので、私は本態性振戦を克服した一患者としての視点から、
自身の体験をご紹介できればと思います。

なお、私自身は薬剤師ですが、このサイトは医療関係者向けのサイトではありません。
元患者として作成したものですので、ご容赦ください。

また、これはあくまで私自身の体験談ですので、万人にあてはまるものでもありませんし、
●このサイトの内容を見て、私と同様のことをして起こりうるあらゆる事象については、自己責任となります。

inserted by FC2 system